おっさんがセフレにした人妻と出会った時のことを書きます。

掲示板を使っておっさんが出会ったのは、松たか子に名前が似ている人妻でした。ショートにした髪は今どき珍しい黒髪でした。正直、染めていたんでしょうが、髪に艶がありましたね。見た目が若いから、39歳の熟女とは思えませんでした。しかし、脱いだら熟女の色気がありましたね。おっさんとしては、初対面の相手ですから、まずは会話をして二人の距離を近づけてからと思って待ち合わせに臨んだんですが、彼女はそんな面倒なことをする時間がもったいないとばかり、出会ってすぐにホテルに直行しました。

初対面の段階で主導権を取られた感がありましたが、エッチを始めてもやっぱり彼女に主導権がありましたね。ささっとシャワーを済ますと、上がいいというので、おっさんがベッドに仰向けに横になると、彼女はおっさんのペニスを見て満足そうに一度頷いて、上に乗って来ました。そして、自分でバストを揉み始めたんですね。腰をグラインドさせながら、両手で乳首をコリコリしたり、ひねったり、ひっぱったり、バストを揉んだりしてました。自分でやっているのを見て、おっさんが同じようにやるべきだと気づいて、彼女のバストに手を伸ばして彼女がやったようにしてみたんですね。彼女自ら実演して見せるとは有り難い話で、実演してくれたようにバストと乳首を揉むと、とっても気持ちよさそうに喘いでくれましたね。おっさんがバストをいじめていると、今度は自分でクリトリスをいじり始めたんです。同じようにおっさんがクリトリスをいじると、さらに今度はおっさんの乳首をいじり始めました。こんな感じで、彼女は常におっさんの先を走っていましたね。出会い系というか、エッチがとっても上手でした。彼女の望むように動くだけでおっさんもエッチが上手になった気がしましたね。

エッチが終わってからも、そろそろ時間よ、と放心状態のおっさんを促し颯爽と帰っていきました。今ではおっさんのセフレなんですが、なってくれた、というより、セフレにしてくれたんだと思いますね。おっさんのペニスの大きさと持ちが彼女の希望を満たしたのが理由?出会い系で遊び慣れてる人妻セフレにできたということは、人妻に認めてもらえたというわけですからうれしいですね。それを励みにして、今のおっさんは彼女とのエッチでも、彼女が動く前に自分から気持ちよくしてあげられるようになったんですね。もちろん騎乗位以外のエッチもしていますよ。