人妻掲示板で見つけた奥様と過ごした楽しいひと時のお話をしたいと思います。

少し前のことですが、彼女のことはとても印象に残っています。

古い表現だが、小股が切れ上がった女性でした。

彼女とはうっとりした体験を持てました。

彼女以外にも人妻掲示板には素敵な女性はいましたが、彼女は別格でしたね。

待合せ場所に先について待っていると、彼女が近づいてくるのが見えました。

こちらにやってくる姿を遠くから見るなり、彼女がそうだと分かりました。

いや、そうであってほしいと思ったというのが正しいですね。

彼女はライダースジャケットを華麗に着こなす素敵な奥様でした。

レザーパンツも履いていたら、さすがに回れ右して帰ったところです。

ロングのスカートで安心しました。

私はなんの話をしているのだろう。

風に吹かれて乱れた髪を整える仕草も悩ましく、劣情を催されました。

座っていましたが、脚を組みなおす必要がありました。

若いふりしてデニムを履いていったのを後悔しましたね。

おかげで、しばらく彼女と並んで座って話し込むことになりました。

子供が三人いるらしいのですが、全くそんな風には見えませんでした。

一番下が小学生というから、授業参観などではさぞ自慢のママだろうと思いますね…不倫していますが。

横に座っているだけで、彼女のスリムな体形が分かります。

ジャケットの合わせから垣間見えるお腹もすっきり凹んでいるのが分かります。

おそらく、服の下には贅肉もセルライトもないのでしょう。

何とか荒ぶる神を鎮めることに成功し、場所を変えることにした。

彼女はよほど私が無理だと思わない限りホテルに行くつもりだったらしく、むしろ彼女のほうから誘ってくれました。

彼女が生まれたままの姿になると、子供を三人産んだとは思えない体でした。

帝王切開の後もなくきれいなお腹でした。

脱がして巨大な縫い跡があるとちょっとビビります。

それも熟女の味わいなのでしょうが、私には刺激が強すぎるのです。

私は男としては若干ですが背が低いから彼女と体格に差がありませんでした。

だから、正常位でちょうど腰を振りながら唇を重ねられました。

抑えられない喘ぎ声がソプラノでした。

自分の魅力を良く理解していらっしゃるのでしょう。

耳元で最高の歌を歌ってもらえて幸せでした。

視覚と聴覚で楽しめました。

不倫もカッコよくこなす奥様に、男の自分でもあこがれます。

なんで、こうして私が人妻掲示板で思い出話をしているかといいますと…その後彼女に振られてしまいまして。

会えない寂しさをこうして癒しているのです(´;ω;`)