人妻掲示板で出会った女性が私のセフレなんですね。せっかく人妻掲示板で見つけた相手だから、どうせならセフレにして関係を続けたいと思っていたんですよ。そこで、気に入ってもらえるようにいつもよりエッチを頑張って、セフレになってもらったんです。

私が出会った人妻(Yさんとしましょう)は、出会ったときは、女盛りの38歳の女性でした。毎日忙しい人妻出会いがないとお嘆きでした。そんなYさんが、忙しい中時間を作ってくれて、私と会ってくれることになりました。もちろん、そのためにメールのやり取りに気を使いましたけどね。当日に向けて、これは張り切らないとと思いました。

会うことになった日は、駅から近い公園で待ち合わせましたので、そこに会ったベンチに並んで座ってしばらくお話をすることにしましたね。話し始めてすぐ、Yさんが自分の膝に手を置いているのが見えました。その膝に置いた手に自分の手をそっと重ねてみました。
手を重ねた状態でさらに話を続け、さらに両手で包むようにYさんの手を握りました。会った当初は主婦の雰囲気を見せていたYさんでしたが、手をつないで話をしているうちに主婦の雰囲気がなくなってきましたね。いい雰囲気になってきたころ合いとみて、手をつないだまま歩きだし、ホテルへ向かうことにしましたよ。

ホテルに入ると順番にシャワーを浴びて、今度はベッドに並んで座りました。Yさんの肩に腕を回してから、触れるか振れないかくらいの軽いキス。いったん顔を離して彼女と目を合わせて表情を確認。もう一度、今度はチュッと音がするようなキスをしました。三度目は、彼女のほうが我慢できずに私の首に腕を回してきてキスしてきましたね。舌を絡める激しいキスでしたよ。こうなれば、あとはそのまま押し倒して、激しくエッチをするだけでしたね。エッチの後のくつろぎタイムに、さっきのキスでときめいたと感想を言ってくれましたよ。

出会った当初は主婦の顔をしていたYさんでしたが、エッチが終わった直後は女の顔になってましたね。その顔のまま家に帰ると旦那に気づかれないかなと心配になるほど、色っぽい顔してましたね。しかし、シャワーを浴びて化粧を済まして出てくると、完全に主婦の顔に戻ってました。忙しくて時間がないとはいいながら、不倫なれしていると恐れ入りましたよ。その日以来、Yさんは、忙しい時間をなんとかやりくりして、私と会う時間を作ってくれているんですよ。