出会い系を使っている人妻は甘い言葉に弱すぎる!?

出会い系を使って1年以上が経過した今、私は10人近くの人妻と会い、そしてそのうちの半分以上とセックスをしました。全員とやれたわけではありませんが、セックスまではできなかった人ともちょっとしたお触りやキスは楽しめたので、悪くない経験でしたよ。

こんなことを書くと「ウソでしょ?人妻ってガードが堅そうだし…」と思うでしょうし、出会い系の体験談にはウソっぽいものが多いと思います。ただ、私の場合は『結婚している女性を簡単に落とす方法』を見つけたので、そのおかげで会えていました。

ぶっちゃけた話、出会い系を使っている人妻って『甘い言葉』に弱すぎると思いますね。こういうサイトを使っている既婚女性は「旦那とはもう全然ラブラブって感じじゃないし…」なんて不満を持っている人が多く、だからこそ甘い言葉が力を発揮するのです。

甘い言葉と言っても、相手を騙すとかではありません。素直に相手の魅力を褒めてあげる…つまりは好意を言葉にするだけでして、別に悪いことはしていませんね。男からすると「そんなことでいいの?」と思うかもしれませんが、女性はこういう言葉に弱い生き物なのです。

日本において、結婚した男女というのは『好きとか愛しているとかは軽々しく口にしてはいけない』みたいな空気があると思いませんか?それに対し、海外では日常的に愛情を伝え合うのが当たり前な国も多く、どちらが正しいと思いますか?

少なくとも、女性にとっては「やっぱり、素直に愛情を伝えられるとうれしいよね」というのが本音でして、日本の既婚男性はもっと愛情を伝えるべきでしょう。それをしないからこそ女性側はもの足りなくなり、ときとしてほかの男に逃げてしまうのです。

私が出会い系で誘っている人妻も大体そういうタイプでして、わりと最近遊んだ女性も「あの人から好きって言われたのって、もういつだったか覚えていない…」なんて愚痴っていました。なお、この人もセックスが目的というわけではなく、ただ単に自分の気持ちを聞いて欲しいだけでしたが…。

私が「○○さんみたいに綺麗な人なら、毎日でも好きって言いたいね」とか「いつか○○さんみたいな素敵な女性と結婚したい」なんて甘い言葉を伝えていたら、相手から会いたいと言ってきたのです。その後はどうなったか、大体想像できると思います。

相手とデートしたあとはセックスし、行為の最中も甘い言葉を呟いていたら、何度も絶頂しました。やっぱり、女性はいつまでも甘い言葉を欲する生き物なのです。

コメント