何人もの男をはしごする熟女との出会い

ワタシ、男をはしごしている熟女に出会いました。

彼女がいったい全部で何人の男と同時並行なのかは分かりません。

掲示板ではまだ彼女一人としか会っていないワタシには想像のつかない世界です。

本当ならこんな体験談を書いている場合ではないのです。

方々に手を拡げて相手を探さないといけないのです。

彼女とは、掲示板での連絡から、待ち合わせまですんなりと進みました。

待ち合わせ場所もホテルでした。

余計な時間や手間をかける気が一切なかったのでしょう。

せっかく待ち合わせ場所に行ったのに、逃げられたことは一度や二度ではありませんから、ワタシもそのほうが助かります。

挨拶もそこそこに彼女が抱き着いてきました。

そして、服を脱がしていくと、パンツを裏返しに履いていることに気づきました。

その時はそそっかしい女性だなと思いましたが、彼女はひどく恥ずかしそうにしていました。

パンツが裏返しになっているだけなら、笑い話になるくらいでいいと思いますが、それにしても恥ずかしそうでした。

しかし、パンツ自体にはそれほどこだわりもありませんので、それ以上は深く考えませんでした。

今これを書きながら考えてみますと、履いたものを脱いでから履きなおしたから裏返しになってしまったのではないか。

パンツを脱ぐシチュエーションはそれほどありません。

トイレで全部脱ぐことはありません。

全部脱いだということは、彼女がこの日すでに別の男と遊んだ後だったからではないでしょうか。

そういえば、プロフィールにモテ期が来た、と書いてありました。

20代のころはモテなかったけど、30代でモテ始めたというのは、そういう意味だったのか。

ワタシは一回すれば賢者タイムですが、一回で満足していてはいけないと思います。

奮起しないといけません。

思うに、この熟女は男と会える出会いの日が限られていて、その貴重なタイミングにできる限り男の予定を詰め込んでるのだろうと思います。

一日一人と思い込んでいた自分の甘さを思い知りました。

掲示板では死ぬ気で遊ぼうと思います。

後日、一回だけ会ってくれましたが、以後音信不通になってしまいました。

残念ですが、彼女のお眼鏡にかなわなかったんでしょう。

何が気に入らなかったのか考えましたが、分かりませんでした。

もしかして、経験人数を増やすのが目的で、誰とするかは全然重要ではないのかもと思います。

そういうことなら、掲示板に穴兄弟がたくさんいることになりますね。

よう兄弟!!

出会い系で遊ぶ以上、一人にこだわるのは損なんだと思います。

ワタシも彼女を見習って、出会いの場で熟女を見つけて経験人数を増やそうと思います。

コメント