出会い系を使っていた未亡人の熟女に優しくしていたら自然とセフレになれました

寂しい女性にとって、出会い系というのはとてもいい場所です。こういうサイトでは女性というだけで男から声をかけられることが多く、中には優しい人もいるので話を聞いてもらえるかもしれません。女性にとって、そういう聞き役はとても好ましいのです。

ですが、熟女と呼ばれる年齢になると、出会い系を使ってもなかなか声がかかりません。声がかかりやすい年代はやはり20代であり、30代になると途端に声かけが減るかもしれません。そして40代以降ならば、「誰も話しかけてくれない…」という悲しい事態になることもあるでしょう。

しかし、私は熟女が相手でも普通に声をかけることがあります。普段から40代以降ばかり狙っているわけではありませんが、ほかに良さげな人がいないときは声をかけていますし、それでおいしい思いをしたことがありました。

先日も出会い系を使っていた未亡人の熟女に声をかけ、優しくしていたら自然とセフレ関係になれました。夫を亡くして欲求不満になった体は非常に具合がよく、若い子とは違った気持ちよさがありましたね。

この女性をA(仮名)と呼びますが、Aは未亡人になって2年ほどが経過しており、やはり寂しさゆえに話し相手を探していました。しかし先ほども書いたように年齢のせいでなかなか話しかけてくれる人がいないから、ずっと私みたいな男を待っていたようです。

Aは最初から肉体関係を希望していたわけではなく、寂しさを紛らわせるための話し相手を渇望していました。なんとなくそれを分かっていた私は聞き役に徹し、Aの孤独を癒やしてあげていたのです。

するとAは私のことをすっかり気に入り、ちょくちょく連絡がくるようになりました。そして返信すると喜び、いつまでも話し続けています。未亡人になってからはずっと1人だと話していましたが、それは本当のようですね。

そんなある日、Aがいつものお礼にと食事に誘ってくれたのですが、その際は自宅に呼ばれたのです。食事ということでどこかのレストランに行くかと思いきや、手料理を振る舞いたいと言われまして、少し驚きつつもOKしました。

ここまで気に入られ、しかも自宅に誘われるとあれば、どうなるかは予想できませんか?Aの家で一緒に食事をし、ゆったりと過ごしていたら甘えてきて、それに応じていたらお互いムラムラしたから、やっぱりセックスすることになったのです。

Aは再婚までは考えていないようで、「ときどきでいいから、こうして一緒に過ごして欲しい…」と言っており、自然とセフレになった感じでしょうか。

コメント