昼顔妻。熟女や人妻に憧れる人へこんな実体験

昼顔妻。普段は大人しく家事をしている嫁さんでも、ウラでは何をしているかわかりません。
もしかしたら、ウラで人妻たちは他の男性とラブラブしているかも。
人妻や熟女などの既婚者の不倫率が8割を超える現代だったら考えられるでしょう。

人妻・熟女とすごい経験をした男性からの体験談です。

大学時代からハマった麻雀。大人になってもやっぱりヤメられなかった。
金曜の夜から日曜の夜中まで、自宅と雀荘を行ったり来たり。
そこで50代オッチャンと仲良くなった。気前が良くて麻雀は下手クソ。

かなりお金持ちみたいで、いつもメシをゴチってくれたりしてくれた。
なぜだか俺が異様に気に入られてた。

オッチャンと麻雀をするようになって1年ぐらいした頃。
「お前って熟女嫌いか?」と尋ねてきた。
同じ卓で打ってたオヤジどもは「熟女イイよなぁ~」とニヤニヤしてた。
「熟女ってどのくらい?40代が限界じゃないっすかね」
23歳だった俺はそう答えた。

すると「今度40代の熟女と遊ばね~か」と誘われた。
「金持ちで美人で毎日ヤリたがるチンポ好きな淫乱女」だとか。

そんな事言われたらどんな女か会ってみたくなる。
平日は無理だからというと、来週の土曜飲みに行こうと言われた。

約束の土曜日、雀荘で待ち合わせて20時に約束の店へ連れて行かれた。
オッチャン馴染みの店らしく、馴れた感じで奥の座敷に案内された。

「よぉ~!若いの連れてきたぜぇ~」

襖を開けるなりそういうオッチャンの後ろから顔を出すと、
おやおや…と感心するほどの美人な女性が2人座ってた。
瞬間的にオッチャンに騙された!って思った。
だって超ドスケベ熟女って言われて興味津々で来たのに、
座ってる女性達は品が良くて綺麗な美魔女だったから。

確かにお金持ってそうな服装だったが、想像とはまるで違う人種だった。
ショートカットが似合うユリコさんは41歳。
子供が2人いて黙ってると話しかけ難い雰囲気のクールビューティー。
綺麗な長い髪のカナさんは43歳。

その日は、軽くお食事だけで終わった。

そして月曜日のお昼休み、シゲさんから電話がかかってきた。
「二人ともお前の事気に入ったみたいでさ」
熟女とはいえあんな美人に気に入られて悪い気はしない。
また今度どう?と誘われ、また土曜の夜に会う約束になった。

夜と言っても今度は17時半待ち合わせ。
急遽土曜日に仕事が入った俺は、慌てて仕事を終わらせて前回の店へ向かった。

20分ほど遅れて行くと、既に3人は飲み始めてた。
もう既に3人は前回と同じようにエロトーク真っ盛り。
俺が到着するとターゲットが俺になり、過去の女とのセックス話の質問攻めに。

さほど経験が無い俺は、ありきたりの経験談を喋った。
それに飽きたのかシゲさんは、熟女達の淫乱過ぎる話を口にし出した。

まずマナミさん。自他共認めるフェラ好きらしい。
しゃぶってるだけで感情が昂ぶり過ぎちゃって、アソコはトロトロに濡れる。
だから前戯なんていらなくて、しかもその方が逆に興奮するとか。

ただし難点もあって、フェラ好きだから歴代の男達はフェラだけで撃沈する。
なのでいつもマナミさんだけが欲求不満に陥るジレンマ。

2軒目に店を変えようという話になり、行った場所がオッチャンの自宅。豪華過ぎてビビッてしまった(笑)
用を足したくなったので、俺が玄関近くのトイレに行く。
そこでトイレから出てきた瞬間、ユリコさんに唇を奪われ、そのままトイレに押し戻された。

唇を貪られた後、エロい顔をして1~2秒見つめられ、そのまま床にしゃがんで行き、
開いたジッパーの奥からチンポコを引っ張り出されたんです。

既に勃起してたからトランクスに引っ掛かったりしてたが、
外に出た直後マナミさんは「あぁ~ん」と甘えた声を出しながら亀頭を舐めてきた。
お預けをくらってた犬のよう。
「はぁ~ん」「んふぅ~ん」とか言いながら亀頭を味わうように舐めてくる。

聞いていた以上に極上のモノで、あれよあれよとイってしまった。
そのまま二人で部屋に戻ると、こちらでも始まってしまっていたようで、
そのまま乱交開始。そのまま朝まで楽しんだのは言うまでもないだろう・・。

普段はこんなことしていないだろう。と思うような人に限って、実はとんでもなく、エロいこをやっているものだ。
こんな人妻出会いを体験したい人は、こんなありえないような出会いよりも、
出会い系サイトなどで手っ取り早く出会える場所での出会いをオススメする。

コメント