熟女と出会い虜になってしまったぼく

熟女が迫ってくる!? 熟女出会い

同年代くらいの人妻さんを探していたんです。ぼくはどうしてもエッチがしたくて、できれば人妻さんとしたかったんです。童貞ではないんだけど経験があまり多くはなかったから…。
人妻さんならこんなぼくでも相手にしてもらえるかもしれないと思ったんです。

ネットを使って探してみて、良さげな人がいたらメッセージを送ったりして頑張ってみたんだけど、なかなか良い感じに話を進めることができませんでした。多分、ぼく自身の理想が高かったんだと思います。
人妻さんなら誰でも良いというわけじゃなくて、あまり若いとぼくの経験したいエッチが経験できないかなとか、顔が綺麗じゃないと嫌だなとか、体も綺麗でスタイルが良くないと嫌だなとか思ってて、だからぼくがメッセージを送る奥さんもかなりレベルが高くて、多分ライバルにみんな持っていかれちゃってるんですよね。
ネットの中と言っても、やっぱりライバルは多いし、ぼくは特別イケメンでもなければお金もないから…。

 

だからちょっと欲張るのをやめて、とりあえず人妻さんなら誰でもいいっていう風にスタンスを変えて探してみたんです。そうしたら、熟女との出会いがあって、しかも何人かの年上の人妻さんとメッセージ交換をすることができたんです。
メッセージの交換でそれなりに親密な会話ができて、こんなことは初めてだったから、なんだか嬉しくなっちゃいました。

 

何人かの熟女との出会い

心のどこかでは、でも年上だし、人妻さんでもちょっと違う気がする…、と思ってたんですけど、エッチの相手をしてもらいたいという気持ちを疎かにすることはできなかったので、その何人かの熟女と出会い、エッチをすることにしました。

 

1人目と会ってみると年上だけれども綺麗な人でした。エッチをすることが好きな女性は老けにくいと聞いたことがあるけど、本当にそうなんだなと思いました。
ラブホテルに入って、エッチをしました。やっぱり積極的というか、でもグイグイくる感じというよりは、ぼくに気を遣いながらも丁寧に教えてくれて、最終的にはぼくがリードする形になっているという、なんとも不思議なエッチでした。
これが年上の女性とのエッチなんだなと、感動すら覚えました。

 

2人目の女性も綺麗な人で、この人はとても激しい女性でした。喘ぎ方もすごい。欲望のままにエッチをするタイプの人だと思いました。
この女性にもいろいろなことを教えてもらうことができました。特に女性が気持ちいいと感じる部分とかプレイとかは勉強になりましたね。

 

3人目の女性は、ねっとりタイプ。ゆっくりとした時間が流れるような、そんなエッチをする女性でした。

 

ぼくは1人目の熟女との出会いで、完全に年上の人妻さんにはまってしまいました。虜です。もう若い女性とエッチしても、物足りないと感じてしまうかもしれません。

コメント