熟女の出会いでアブノーマルな体験

彼女がいますが彼女とのセックスは嫌われたくない一心で、ノーマルなセックスしかした事がありません。
ですが本当はアブノーマルなセックスをしてみたいという願望が自分の中にありました。
なのでセックス経験が豊富な熟女の出会いであれば、アブノーマルなセックスも受け入れてくれるかもしれないと期待しました。

実際に熟女の出会い専用のサイトを利用した際には、プロフィール検索で「アブノーマル」の欄にチェックを入れました。
すると思ったよりもヒットしたので、さすが熟女の出会いは凄いと思いました。
アブノーマルなセックスと一言でいっても、様々なアブノーマルなプレイが存在しています。

なので会う前にアブノーマルなプレイをもっと絞り込んで相手を探した方がいいと思い痴女プレイをしてくれる熟女を探しました。
自分にはMっ気があり痴女に犯されてみたかったからです。
痴女プレイの相手を探す時に、注意したのは業者の存在です。
ゴリゴリの女王様もいましたが、そういう女性は高確率で業者だと言えるでしょう。

なので一般女性でありながら、男性を感じさせたいという願望を持った熟女を探していると1人の女性と知り合いになりました。
S子さんは40代前半の専業主婦で、年下の男性を責めるのが好きとプロフィールに書いてありました。
40代前半と言えば、芸能人なら若さと綺麗さを保っている女優さんもいますが一般人の場合は、かなり個人差が大きい年齢です。

自分よりも自分の母親との方が年齢差が少ない点が気になりました。
でもリスクをとっても痴女プレイをしたいという気持ちの方が強かったので、メールしました。

知り合ってメールのやり取りをして1週間後にS子さんと会う約束をしました。
実際に会ったS子さんは、40代前半という年齢よりも若く見え、スタイルも良いい女性でした。
そのままラブホに直行して、シャワーは別々に浴びてからセックスをしました。

S子さんはいきなりアナルを舐めて、アナルを舐めながら手コキの合わせ技です。
アナルを舐められるという経験自体が初めてで、恥ずかしいのに感じてしまい気づけば喘ぎ声を出してしまっていました。
アナルに指も入れられて、たぶん前立腺のところを抑えられた途端に我慢出来ずにイッてしまいました。

あっという間にイッてしまった事も恥ずかしいし、女性にこんなに積極的に責められる事に対しても興奮しました。
もし相手が男だったらアナルを舐められて指で弄られている状態は貞操の危機を感じるところです。
ですが相手が女性だからこそ、最終的に犯すのは自分自身という安心感があり身を委ねる事が出来たのだと思います。
彼女とのセックスでは決して満たされない貴重な体験でした。

コメント